額縁絵画 のお店 【アート館
【アート館】 絵画と額縁 オンラインショップ

 マットの選び方、開口寸法の決め方

マットの選び方の基本的考え方・注意点

シングルマットについて

  1. シングルマット(マットを一枚単独で使用)をご希望の場合 やはり2.0mm以上の物を選ばれた方が 良いでしょう。 また 厚みがあるほうが高級感が出ます。
  2. ただ 額縁の中に入れる厚みに 余裕がある場合に限ります。 簡易額や 賞状額には 厚みがありませんので 1ミリ程度のマットをお勧めします。

ダブルマットについて

  1. ダブルマットをご希望の場合(2色を重ねて使用すること)マットの厚みは 薄い方が きれいです。(比較的という意味で 当店でも 濃い色との組み合わせを オススメ時も あります。 
  2. ダブルマットをする場合 上と下の開口差を 一辺 3〜5mmぐらいがお勧めです。

プロフィールについて

  1. プロフィール(モール)を開口にお付けになる時は マットは薄いほうが きれいに仕上がります。 2.2mmのマットでも取り付け可能ですが、1mm程度のマットをお勧めいたします。

マット全体寸法の決め方について

  1. マットの全体寸法は 裏板寸法にあわせてください。 加工時には1ミリ程度 小さくお作りします。
  2. ご注文の時には 裏板のサイズをご指示ください。 
  3. ご注意いただきたいのは 額縁のサイズが 記されていても 木製の場合 縮んでいる場合があります、必ずサイズを _単位でお計り下さい。

マットの開口に付いて

  1. マットは時間がたつと ほんの数ミリ縮む傾向がありますので ミリ単位でお作りしますが、若干の 寸法が変わりますので ご了承ください。
  2. 開口を決める時は 作品のかかりを 両サイドを合わせて5〜10mm程度を 目安にされると良いと思います。先にも申し上げましたように マットは時間が立つと縮む傾向があります、開口寸法が変わりますので 若干のかかりを見るようお勧めします。

  3. マットの開口と 端との幅は 一概には言えませんが 5〜10センチが理想的でしょう。 高級感を出すために 極端に大きく取ったり 逆に額の大きさを優先して 小さく取ったりすることもありあます。

マットの厚みに付いて

  1. マットの厚みをお決めになる時は 額縁の中に納まるかを 必ずご確認ください。 1ミリしか余裕が無いのに 2ミリを選んだりすると 裏板を止めるトンボが折れたり曲がったりします。 十分にご注意ください。
  2. 先にも述べましたが、 簡易額や 賞状額には 厚みがあありませんので 1ミリ程度のマットをお勧めします。

クッション紙について

  1. クッション紙は 水彩画や版画等の作品を保護する役目があり、湿度等を吸い取り作品に紋が入ったり かびたりするのを予防する効果があります。 できるだけ 高級作品にはお入れになることをお勧めします。

マットの管理(定期交換)について

  1. マットやクッション紙は定期的に 額からだし定期的にチェックをお勧めいたします。マット・クッション紙の色が変色して来ていたりしていたら 交換をお勧めいたします。 そのまま放置しておくと 作品を傷め価値を下げてしまいます。
  2. マットやクッション紙が入っていても 1年に1度程度は 作品を学からだし けっして直射日光に当てないように陰干しをお勧めします。マット・クッション紙・作品を長持ちさせることが出来ます。 陰干しする日は 湿度の少ない天気の良い時に行ってください。

マットと作品の固定について

  1. マットと作品の固定は 作品を傷めますので セロテープはおさけください。
  2. スコッチテープをご使用になることを お勧めいたします。
    スコッチテープは比較的作品を傷めることが少なく のりが変色したりわいたりすることが 少ないようです。
    もしお時間があるなら紙で 三角(昔写真を整理する時に使用していたもの)を作りその三角をマットにのり止めしそこに作品を 引っ掛けるようにお止めになるのがベストと考えます。

Copyright (C) Artka

絵画と額縁【アート館】 artkan.com